• 厳しい条件での契約となることもあるのが家庭教師というお仕事
  • 契約をする家庭によって、家庭教師としてのお仕事の難しさが変わってしまうのは否めない事実ですので、当サイトの情報で家庭教師のお仕事についてをしっかりと理解をしておいてください。
  • 家庭教師で英語のバイトをしたいです。資格は必要ですか?家庭教師に資格はいりませんが、TOEICや英検があれば有利になることも。

    トップページ
    お気に入りに追加

    家庭教師で英語のバイトをしたいです。資格は必要ですか?家庭教師に資格はいりませんが、TOEICや英検があれば有利になることも。

    家庭教師で英語のバイトをしたいということですが、小~高校生のうちどの生徒を担当するかによって求められる英語スキルは変わってきます。

    まず、家庭教師のバイトは学校のような教員職とは違うので、基本的に資格は必要ありません。何も資格も持っていない大学生なんかがアルバイトしているケースは多いです。

    ただ、英語強化に限ってアルバイトを希望しているというのであれば、英語に関連した資格があれば有利なのは事実です。例えば、TOEICや英検。

    企業では英検よりTOEICの点数を重視するところが増えてきていますが、家庭教師のバイトの場合は「資格必須」ということでもないので、英検の資格があるのならわざわざTOEICを受け直す必要もないでしょう。

    ただ、中学生でもとれるような英検3級とか、準2級なら履歴書に書かない方がいいです。英検やTOEICの点数が、標準以上の場合に有利になる資格です。

    小学生や中学生の英語は、特に難しいスキルは求められません。簡単な基礎英語を理解していて、教科書に書かれている英語の読み書き、簡単な英文の採点が出来れば問題ないことが多いです。

    家庭教師の仕事は、学校でのテストの点数をあげたり、受験に向けたペーパーテスト対策。読み書きはできるけど話すのが苦手だという人も、読み書きできれば大丈夫なので心配いりません。

    ただ、中にはホームステイを希望していて簡単な英会話も習いたいという生徒もいます。話すのがどうしても苦手というのなら、家庭教師のバイト面接時にしっかり伝えておきましょう。

    家庭教師のバイトは、中高生の場合、英語だけといった風に教科を1つだけ選択することがほとんど。でも、小学生の場合には複数教科を希望する親御さんも多いです。

    そのため、英語教師希望で入っても、そのほか国語や算数なんかも教えなければいけないケースがあります。教科書が読めれば教えられるレベルのものが多いですが、小学生を担当する場合は気を付けてください。