• 厳しい条件での契約となることもあるのが家庭教師というお仕事
  • 契約をする家庭によって、家庭教師としてのお仕事の難しさが変わってしまうのは否めない事実ですので、当サイトの情報で家庭教師のお仕事についてをしっかりと理解をしておいてください。
  • 家庭教師を雇いたいのですが、教材費は買わないといけないのでしょうか?

    トップページ
    お気に入りに追加

    家庭教師を雇いたいのですが、教材費は買わないといけないのでしょうか?

    家庭教師を雇うためには、宣伝している多くの会社で教材を買うようになっています。その他にも、入会金と月々の月謝という費用が発生します。

    さて、教材の費用についてですが、勉強したい教科ごとに教材を選べるようになっています。英語と数学というように2教科だけを選択してもかまいません。

    教材の内容は、問題集と解答がセットになったもの、問題の解説、確認テスト、参考書というものがセットになっているものがあります。

    会社によって対応は変わってきますが、この中の全ての教材を販売している会社もあれば、何点かの教材を選んで買える会社もあります。

    教材の費用も会社によってまちまちで、毎月数千円~数万円という費用になります。これは選択した教科が多ければ多いほど費用が高くなりますし、契約する期間が長くなればなるほど高くなります。

    入会金、教材費、月謝の全ての費用を合わせると、1年間で20万円ほどは費用がかかりますので、安くはないかもしれません。では、教材費をかけずに家庭教師を雇いたいのならどうすればいいのかですが、個人契約をしている人を探すことになります。

    個人契約をしている家庭教師なら、時間いくらでの契約をしていることがほとんどです。もしかすると、入会金を払わないといけないかもしれませんが、指定されている教材を買い揃えないといけない決まりはありません。

    ただ、こんな教材がいいのではないかとアドバイスをもらえますので、その中から教材を買うようにすればいいでしょう。個人契約をしている家庭教師の探し方は、以前と比べてインターネットからでも簡単に探せるようになりました。

    家庭教師を紹介しているサイトに登録している人もいれば、個人のブログやホームページに家庭教師をしていることを書いている人もいます。

    それらのサイトをコンタクトを取ってみるのが簡単に探す方法になります。その他にも、子供を持っている知人に相談するなどすると、教材費を払わずに個人契約をしている家庭教師を探しやすくなります。

    大手の家庭教師の会社には教材費を払わないといけませんが、個人契約をしている家庭教師には教材費は払わなくてかまいません。