• 厳しい条件での契約となることもあるのが家庭教師というお仕事
  • 契約をする家庭によって、家庭教師としてのお仕事の難しさが変わってしまうのは否めない事実ですので、当サイトの情報で家庭教師のお仕事についてをしっかりと理解をしておいてください。
  • 家庭教師のアルバイトの面接では、志望動機の他に何か答えないといけないですか?家庭教師のアルバイトは、面接と研修を行ってからアルバイトが始まります

    トップページ
    お気に入りに追加

    家庭教師のアルバイトの面接では、志望動機の他に何か答えないといけないですか?家庭教師のアルバイトは、面接と研修を行ってからアルバイトが始まります

    家庭教師のアルバイトをするためには、バイトをしたい会社に連絡をして、後日に面接や研修をしてから契約する流れになります。

    さて、面接で聞かれる志望動機についてですが、そこまで大げさに考えなくてもかまいません。この仕事が自分に合っているのでやってみたかったという答えでかまいませんし、企業面接のように掘り下げて答える必要はありませんので、楽に答えるといいです。

    面接では筆記試験を行っている会社もありますので、最低限の知識は必要になります。家庭教師のアルバイトをするのなら、最低限の知識は持っていると思われますので問題ないでしょう。

    それと、得意科目または、教えることができる科目についても聞かれます。その他には、アルバイトをしたい希望の曜日と時間を聞かれます。

    希望の曜日と時間は人それぞれ違いますので、正直に答えておくといいです。いつでも入れると答えてしまうと、後になって面倒なことになるかもしれません。

    後は、アルバイト先の会社についての説明でしたり、時給の説明になります。求人広告やホームページでは、細かい内容について書かれてないことがあります。

    その辺りの疑問に感じていることは面接や研修を行う担当者が答えを用意していますので、しっかり教えてくれます。また、家庭教師のアルバイトはタイムカードがありませんので、何時から何時まで働いたのかを申告しないといけません。

    タイムシートは自分の給料にダイレクトに響いてきますので、書き方を覚えておくことと、もらったら失くさないように保管しておくことが大切です。

    会社への連絡方法なども研修では行いますので、しっかりと理解しておくことです。このような形で面接と研修が同時に行われることもありますし、面接を行ってから後日に研修を行うという会社があります。

    面接でよほどのことがない限りは研修を行いますので大丈夫です。そして、一通りの研修が終わればアルバイトが始まる流れになります。